読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J-log

自分的自分観測記

県ロード

結果16位(岡山勢9位)

 

2月後半〜4月にかけて落車や出張で中々思うような移行練習ができなくて調子も上がらなかったけど当日に向けて自分の出来る範囲の準備はしてきた。

 

7時過ぎに会場入りして試走。

エリートのレースは10時40分出走だったけどほとんどの選手が試走してたのが印象的だった。

逆に他カテゴリーの選手はこんなに少ないはずないのにな、と言う感じ。

これは完全にレースへの意識の差だと思った。

 

アップは実走で45分。

2分上げを3本。

 

涼しいのでベストも着てやりすぎくらいで丁度良し。

体調は好調って事はないけど悪くはなくて最近の平均って感じ。

 

定刻より遅れてレーススタート。

 

1周目は2分50秒くらい。

 

2周目で早くもレースが動く。

白川君がアタックで抜け出したとこに3〜4名が呼応。

この人数ならまだ大丈夫だなと思って集団ステイ。

その直後に2〜3名かブリッジ。

これはヤバイ、と思ったけど上位6名はここから吸収されずに逃げ切りなので結果的には2周目に勝負あり。

 

5〜6周した時にスタンドにタイム差聞くと1分40秒と言われて集団の中で追いかける動きをするよう働きかけるが人数が多すぎて上手くいかない。

 

練習も一緒にする数名と前で回すが若い子達が登りをガンガン上げて登り終えたら踏みやめるので全くの無駄な削り合い。

そういう走り方の人達は数周すると居なくなってたのでやっぱりという感じ。

 

そこから先は人数を減らしたり増やしたりしながら進んで中国ロードの出場資格を取る事を最優先に考えた選択をしながら走って何とか岡山勢9位。

10〜12着は個人参加で去年はこの枠だったけどギリギリチームに入れたのでまた次に向けて考えて取り組まなければ。

 

現状のピーク付近には持ってこれたレースだったけど現状のピーク程度と自分でわかっているとレース中もその程度の選択や判断しかできないので全然戦えない。

 

次に向けて上げていかねば。

 

f:id:Jlog:20170504220437j:image

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする