J-log

自分的自分観測記

ベース+高強度

5時45分出発。

 

南の方で4時間程のベース+予定。

集合時間になって一名揃わなかったけど時間は時間なので4名で定刻スタート。

 

今日はシーズンへの移行を意識してベース走の途中でフリーの区間を数回(3〜5回)作る感じ。

 

全部の登りで負荷をかけて千切りあって先着を競うやり方も良いと思うけど週末しかグループライドを出来ない自分にはその方法は効率的では無いと思う。

これをやると強い人は追い込みきれても全員揃うまで待つかリピートで休憩時間が出来てしまうのと、遅れてしまう人は競りながら限界を維持する事が出来ないので結局ソロで走るのと同じになる。実際は千切れるまで追い込んでしまって後は踏めないのでソロ以下の効果になると思う。

 

なので今時期に今の自分が思っている事をやってみる。

勿論正解かどうか人それぞれなのでこれが正解でもない。

 

序盤から全体的に速めのペース。

中でも福武さんの牽きが強いし牽いている時間も長い。

これで4時間もつのかな?と、思うけど普段一緒に走る事がないので未知数。

他3人は均等な感じで回る。

 

小坂峠をフリー、ここは強度は上がったけどペースで。

 

後半は王子が岳、由加山でフリー2回。

 

昨日の疲労もあって半分過ぎた辺りからかなりキツめ。

コースは走りながら決めてるので全くコースを解らず走ってる他のメンバーはキツいと思うけど、かなり限界近くなってくるとそこから更に負荷をかけるコースを自分で決めるのも中々の辛さ。

 

王子が岳は行為に上げ下げしてみる。

まだそんな練習はしてないので自爆行為だけど身体を慣らす為に。

 

この後、池田さん所用離脱。

30分程して福武さんが脚の限界を迎えて離脱。

 

最後は由加山でフリー。

ここは保てる最高強度で新居さんと我慢比べ。

新居さんの方が少し余力があったので長めに牽いてもらって最後は後ろから掛けていく。

先着したいとかではなくて(勿論したいけど)お互いがオールアウトする為に自分の立ち振る舞いを考えて。

 

完全に出し切ってここで終了。

 

f:id:Jlog:20170226210947j:image

 

後20分程は流して3時間半。

 

・ALLEZ : 130㎞

 

今週末は良い練習ができた。

完全に春陽気の気配。

 

来週は出張になりそう。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする