J-log

自分的自分観測記

rest

月曜rest。

 

昨日、関東のクリテリウムレースで落車による死亡事故があったみたいだ。

 

やっぱり自転車は相当危険な乗り物である事は間違いない。

 

40㎞/h以上の速度、車間数十センチで限界まで追い込みながら安全に走ろうなんて…

言ってる事と、やってる事は対極で知らない人が側から見ると理解し難いと思うけど、これをしないと強くなれないのが現実。

 

転けてしまえば速度はあまり関係ないと思う。

ゆっくりで大怪我もあれば速くても擦り傷で済む事もある。

安全への感度を上げてリスクを減らす事は出来るけど転けてしまえば運任せなとこもある。

言ってしまえば運次第では死ぬかもしれない環境で練習している。

 

昨日も練習前に安全への配慮を念押ししてスタートした。

なので比較的良い感じだったけど、ブラインド的なコーナーなんかは各々の感度の違いが明確に出る。

先頭の人は安全な速度で入ってるつもりで何か危険な事があってブレーキして間に合う速度だとしても、後ろは遅れてブレーキする事になる。

そんなとこまで含めてそれは安全な速度なのか?昨日はそんな事を思って声かけした場面もあった。

 

コーナー曲がった先で自分が死ぬなんて誰も思ってないと思うけどそんな危険はいくらでもあると思う。

特に自分主催の練習会の時はうるさいくらいに声だして何時も以上に声かけするように心がけている。

嫌われる事なんか死ぬ事にくらべれば安い。

 

もし運が悪かったら先週の落車で自分も死んでたかもしれないと思うと怖かった。

 

今後もより一層安全への感度を高めて練習していこうと思う。

 

 

広告を非表示にする

落車…

チーム倉敷の周回練習へ。

4時すぎに出発で集合場所へ。

 

5時半から1時間の周回練習。

地形は8の字。

綺麗な8ではなくで四角を2つ合わせたような形。

 

どちらのコーナーも練習できる良い機会なので色々意識しながらこなす。

普通公道での練習だと左コーナーが多くなるので右曲がりの方が苦手になりがち。

でもこのコースだと左を走る公道の性質上右曲がりの方がrが大きくなるので走りやすい。

 

左コーナーの時は自分も含めて数名ペダルを何度か擦っていた。

ラスト5分くらいで段々強度もましてきた左コーナーで地面を掻いて反動で右側に吹っ飛んだ。

 

f:id:Jlog:20170211184633j:image

 

・ALLEZ : 80㎞

 

気をつけてはいたけど久しぶりにそこそこ踏めてたので注意が薄れたのだろう。

身体は痛みなく大丈夫なのはすぐ解ったけど記憶が飛んだみたいになって自分がなんで道路に座っているのか解らずすぐ立てなかった。

 

帰りは白川君に送ってもらって帰宅。

周回の後は2時間程走る予定だったので集まってたメンバーには申し訳なかった。

 

高知合宿に行けなくなってそのメンバーに迷惑をかけてこちらでも迷惑をかけて…

 

上手く行かない時はこれでもかってくらいに上手く行かない。

でも大事なのはこの後だから。

明日になってどれ位の痛みが出るか解らないけどとりあえず今は頭痛と吐き気と右半身に打撲の痛み。

 

春先好調で迎えるのは厳しくなってきたけど腐らずやるぞ。

 

 

 

広告を非表示にする